So-net無料ブログ作成

和歌山と高野山の巻 10 【湯浅】 [和歌山]

2016年5月12日(木)】  和歌山と高野山の巻 10

12:40 [湯浅] (ゆあさ)

古い街並みが好きな私にとって、和歌山で気になっていた町が湯浅

重要伝統的建造物群保存地区に指定された湯浅町は、和歌山市より車で南へ30分ほどの距離
町の中を世界遺産にもなっている熊野古道が通り、信仰も含めた宿場町として発展

そんな湯浅町は「醤油発祥の地」としても名が知られている

0513 1006.jpg

電柱が無ければ・・・と思ってしまいますが、今後の保存活動によっては今よりも訪れる観光客が増えると思う町。
湯浅を『和歌山と高野山の巻10回目』の旅ルポは湯浅町をお伝えします

湯浅に訪れて悩んでしまったのが駐車場

直接、保存地区内に入ってしまい、駐車場がどうしても見付けられず町の中を何周も回り、5台ほど駐車できる無料駐車場を見付けられホッとしながら町を散策。
(あとから分かったのですが、保存地区と川を挟んだ反対側に100台近く停められる無料駐車場がありました)

こちらは金山寺(きんざんじ)味噌の太田久助吟製さん

0513 1005.jpg

あれ?
金山寺味噌ってどんなのだったっけ?
そんな感じで店内へ・・・

店内は手造り味噌店といった趣きで、初老の奥様と思われる店員さんに無知な質問「金山寺味噌とは・・・?」

すると奥様は手慣れた感じで説明してくれました

そもそも醤油が生まれたのは金山寺味噌があってこそなんだそうです

僧が宋(現中国)へと渡り、日本へ帰国する際、径山寺(きんざんじ)で作られていた味噌が美味であったため、僧は味噌の作り方を学び、日本で作ったのが金山寺味噌の始まり。
その僧より湯浅の村人へと製造方法が伝わり、製造過程で生まれた溜(たまり)があまりにも美味で、調味料として用いたのが溜まり醤油だったんだとか・・・勉強になりました!
1580年に湯浅の玉井醤(たまいしょう)さんが味噌と醤油を初めて売られ、江戸時代に入って千葉県の野田、銚子でも製造されるようになったと伝えられている

ただ醤油の始まりについては諸説あり、発祥の地と本当に伝えて良いかわかりません

こちらが太田久助吟製さんの金山寺味噌

0513 1007.jpg

米、大豆、麦、瓜、茄子、生姜、紫蘇を原料とし、夏場で40~50日、冬場で90日もの日数を掛けて自然発酵させた味噌。
「味見しますか?」と聞かれ、何種類か味を確かめるのですが、関東人だからかそれとも好みなのか分かりませんが、私にはちょっと癖がある味噌と感じたんですけど、1パックだけ購入。300g入で確か700円ちょっとだったような。。。

太田久助吟製 和歌山県有田郡湯浅15 駐車場なし

0513 1008s.jpg 0513 1009s.jpg

御味噌の後は・・・

もちろん醤油!

0513 1002.jpg

0513 1003.jpg

醤油の角長(かどちょう)さん

創業は1841年の老舗。
こちらも創業以来、冬に仕込む「寒仕込み」に拘っていて、醤油として完成するまで1年を要するんだとか。。。
醤油資料館もあるそうなのですが、向いにある小さな資料館だけは見学OK
中を覗いてみると・・・

0513 1004.jpg

美食をテーマにした「美味しんぼ」にも掲載されたみたい

9953.jpg 9951.jpg 9952.jpg

(角長さんHPのオンラインショップより)

左から「手づくり醤油」「濁り醬」「濁り醬"匠"」

購入したのは「濁り醬(にごりひしお)」 180ml 640円、「濁り醬 匠 (にごりひしお たくみ)」 300ml 1,550円 の2点を購入。濁り醬は関東の濃い口醤油よりも濃い醤油で、いつも購入しているキッコーマンさんの生醤油(300mlで300円位かな?)よりも「これは醤油だ」と主張が強く、老夫婦も驚く程のインパクト

匠はまだ封を開けておらず味を確かめておりませんが、更なるインパクトがあるのかな。。。楽しみ楽しみ

因みに母親も購入し近所へ土産として配ったのですが、味わってから「配るんじゃなかった」とボヤいてましたわ(笑)

0513 1001.jpg

角長 和歌山県有田郡湯浅7 駐車場5台(少し離れた場所にあり)

町並み見物を終えて昼食をしようと店を探しましたが、ピンと来ないため、国道沿いの和歌山ラーメンを昼食としました

そうそう

蜜柑(みかん)が有名な有田と書いてなんて読みます?

0513 1010.jpg

(紀州三昧さんHPより)

私はずっとアリタミカンと読んでおりましたが、本当の読みは「アリダ」だったんですね。。。勉強になりました

有田焼のアリタは九州、紀州はアリダですよ~

追伸  ギックリ腰。。。やってしまいました(痛悲)


nice!(35)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 35

コメント 2

kuwachan

日本はね、電柱がなければって所が多いですよね。
でもそこで生活していらっしゃる人のことを考えると仕方がですね。
ヨーロッパはその辺よく考えられて街造りがされていますよね^^
腰は大丈夫ですか?私も経験者なのでその痛みはよ~く分かります。
by kuwachan (2016-06-25 09:52) 

わけん

kuwachanさん
電柱が無ければ・・・といつも思ってしまいます。
生活には絶対必要なので致し方ないのですが、
無い方がスッキリするんですけど、今からだと費用も掛かるため難しいのでしょうね。
腰はだいぶ良くなって来ましたが、まだ少しだけ痛みがある程度です。
by わけん (2016-06-26 10:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。