So-net無料ブログ作成

和歌山と高野山の巻 12 【紀州東照宮】 [和歌山]

2016年5月13日(金)】  和歌山と高野山の巻 12

15:00 [紀州東照宮] (きしゅう とうしょうぐう)

最初にお詫びを。。。九度山の旅ルポより日付を間違えておりました

和歌山と高野山の巻 2~5 は5月12日(木)、 6~12 は5月13日(金)となりまする m(_ _)m 

高野山からはじめてこの旅ルポも12回目、和歌山の旅は今回が最終回です

和歌山最後に訪れたのは和歌山城。。。と言いたい所ですが、お城よりもこちらの方が良いかなと考え、
紀州東照宮に立寄りました

紀州東照宮

関西の日光とも呼ばれ、家康公の死後、紀州徳川家初代頼宣が1621年に創建した

0513 1101.jpg

紀州は徳川御三家の1つ。
徳川家の本家は将軍家(宗家)と云い、初代家康公の九男が尾張徳川家、十男は紀州徳川家、十一男は水戸徳川家は徳川御三家として将軍家に次ぐ御家柄。
紀州徳川家は初代頼宣(家康の十男)-二代光貞(3代将軍家光従兄)-三代綱教(光貞の長男)-四代頼職(光貞の二男)-五代頼方(光貞の三男)、、、頼方は後の 吉宗 。
そうです、あの「暴れん坊将軍」として名が知られている徳川家8代将軍!
テレビ「暴れん坊将軍」では名を隠して徳田新之助と変えて庶民と接したいたが、この新之助と云う名は吉宗が幼少の時の名なんです。歴史上、庶民と一緒に過ごす例はあり得ませんけどね(笑)

因みに東照宮は全国に130社あるそうです

続きをご覧ください


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。